日本メノナイト 白石キリスト教会

聖書からのメッセージをお届けします。

「安息日の主」

マタイの福音書 12章1~8節

"そのころ、イエス安息日に麦畑を通られた。弟子たちは空腹だったので、穂を摘んで食べ始めた。
するとパリサイ人たちがそれを見て、イエスに言った。「ご覧なさい。あなたの弟子たちが、安息日にしてはならないことをしています。」
しかし、イエスは言われた。「ダビデと供の者たちが空腹になったときに、ダビデが何をしたか、
どのようにして、神の家に入り、祭司以外は自分も供の者たちも食べてはならない、臨在のパンを食べたか、読んだことがないのですか。
また、安息日に宮にいる祭司たちは安息日を汚しても咎を免れる、ということを律法で読んだことがないのですか。
あなたがたに言いますが、ここに宮よりも大いなるものがあります。
『わたしが喜びとするのは真実の愛。いけにえではない』とはどういう意味かを知っていたら、あなたがたは、咎のない者たちを不義に定めはしなかったでしょう。
人の子は安息日の主です。」"

  主イエスと弟子たちは、安息日に麦畑で麦の穂を摘んで食べ始めましたと記されています。その理由はひもじかったからです。神の子であるイエスといっしょにいた弟子たちがひもじかったとは、ある意味興味深いことです。これは、この呪われた世にあって、神の民とされたものも、この世の人たちと同じ目線に立てるように、その苦しみも体験しなければならないことだということでしょう。しかし、ひもじさを体験させられたあとで、主は、落ち穂を拾い、それを食べることを許されました。問題は、この安息日に労働したと指摘されたことでした。    

  モーセ十戒によれば、
安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。しかし七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない。――あなたも、あなたの息子、娘、それにあなたの男奴隷や女奴隷、家畜、また、あなたの町囲みの中にいる在留異国人も。――それは主が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべてのものを造り、七日目に休まれたからである。それゆえ、主は安息日を祝福し、これを聖なるものと宣言された。あなたの父と母を敬え。あなたの神、主が与えようとしておられる地で、あなたの齢が長くなるためである。」(出エジプト記20:8~12)とあります。

 

  安息日は、休憩することを求められておられるだけでなく、むしろ神様が6日間で天地を創造され、7日目に休まれたことを覚えて、労働を止めて、働く手を止めて、主を礼拝することにあります。しかし、ここで礼拝の対象である主イエスご自身が、ひもじくなっている弟子たちを憐れんで、食べることを良しとされたのです。  

  安息日の過ごし方をその律法の言葉面だけで捉えないで、その戒めの「心」をくみ取らなければ空しいからです。主の御心は「わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない」と言うことだとイエスは仰せられているのです。神様にとって、ご自身のみことばを使って、憐れみの心ではない、人をさばき、訴え、中傷するようないけにえなら、ない方がましだからです。

   主イエスは、この出来事の数年後に十字架にかかられ死んで葬られ、三日目によみがえりました。それは日曜日でした。この後、教会はこれまで安息日とされてきた土曜日ではなく、日曜日を主の日として、礼拝を始めるようになりました。安息日というよりは、新しい礼拝をささげる日として、主の十字架と復活を覚えて立ち止まる日とするためです。

  あなたも、立ち止まってみませんか。様々なこの地上の歩みの中で疲れ果てているとき、主は、立ち止まって、主のことばをいただくように勧められています。弟子たちが落ち穂をいただいたように、あなたもイエスからあなたを生かす麦穂である神のことばであなたの心を満たすことができる主の畑に招かれているのです。

 

"私はあなたのみことばが見つかったとき、それを食べました。そうして、あなたのみことばは、私にとって楽しみとなり、心の喜びとなりました。万軍の神、主よ、私はあなたの名で呼ばれているからです。"
エレミヤ書 15章16節    聖書 新改訳2017