日本メノナイト白石キリスト教会

聖書からのメッセージをお届けします。

◎特集:北海道キリスト教史「ピアソン宣教師」

f:id:kinokunizaka66:20180917131044j:image

 

1.生涯
 ジョージ・ペック・ピアソン(George. Peck. Pierson)は1861(文久元)年、アメリカのニュージャージー州エリザベス市に、牧師の子として生まれた。1888(明治21)年に宣教師として来日し、東京の明治学院で教えた後、千葉の中学校を経て、1894年(明治27)年、北海道に渡り、函館・室蘭・小樽・札幌で伝道した。小樽に住んだとき、聖公会の女性宣教師のアイダ・ゲップと東京で結婚し、その後は特に小樽と札幌で女子教育に貢献し、札幌農学校の学生にも教えたこともある。1901(明治34)年、旭川に移り、山口庄之助・坂本直寛らと共に、帯広・釧路・名寄・美深・遠軽・北光社等を回って伝道活動を行った。1903(明治36)年には旭川聖書館を建てるとともに、廃娼運動にも奔走した。1914(大正3)年に野付牛(現北見市)に移り、約15年間滞在して伝道の足跡を残している(1) 。1928(昭和3)年、約40年の在日伝道を終えて帰国し、夫人は1937(昭和12)年に74歳で、ピアソンは1939(昭和14)年に78歳で天に召された。

 

2.活動・教え・貢献
①故郷エリザベスの精神風土
 ピアソンが生まれたのは、南北戦争が勃発した年であった。幼少年時代から青年期にかけて、彼を養い培った家庭はもとより、アメリカのピューリタン精神、エリザベス長老教会の改革派的信仰と伝統、知的水準の高さと豊かな徳性を校風とするピングリー中学校の教育(2) 、そしてプリンストン大学の学問、アメリカ独立戦争時代に演じたエリザベスの歴史的貢献、更にニューヨークに接するこの町の国際性と世界性がピアソンの信仰と人格を形成していったと言うことができる。

 

②日本最古の聖書との出会い~日本へ
   ピアソン少年が影響を受けたのは中学校だけではなかった。日本への宣教師として志す決意に影響を与えたのは、一冊の日本語聖書との出会いがあったと言うことができる。その聖書は、日本最古の聖書「約翰福音書」(3) である。ピアソンの40年間の日本における伝道で、最も充実した意義ある業績の一つは、一般に言われる「ピアソン聖書」、すなわち「略註旧新約聖書」等の編纂事業である。若き日の日本最古の聖書との出会いは、いよいよ日本への好奇心とロマンを無限に広げ、日本宣教の志しを一層深めた。ピアソンはプリンストン大学(4) 卒業後は、郷里で学校の教師を務めるが、その後プリンストン神学校に入学し伝道者として歩みだし、1888(明治21)年卒業し、父親が牧会するエリザベスのウェストミンスター長老教会で按手礼を受け、その夏アメリカを出帆して日本に向った(5) 。

 

明治学院~千葉で田舎伝道~北に向う~アイダとの結婚
  明治学院では英語と新約聖書はもとより、普通学部でギリシャ語と教育学を教授することになっていた(6) 。神学部の学生、和泉彌六を教師として日本語の習得訓練に励み、後には皇室の通訳に招聘されるほど上達したが、固 辞したと言われる(7) 。しかし、当時、日本の政治状況はすでに明治絶対主義体制をほぼ完了し、天皇制の確立、明治欽定憲法の制定、教育勅語の発布等によって自由民権思想、運動と連動するキリスト教主義学校は国家体制と相容れない教育として排撃され、弾圧をまぬがれなかった。ミッション・スクールであった明治学院も規制を受け、生徒数は激減し、ピアソンもそれが理由で学校を退かざるを得なかった。

  1890(明治23)年、第一高等中学校(現東京大学教養学部)の教師となった内村鑑三が、翌年1月9日同校の教育勅語奉戴式場で、明治天皇の親署に敬礼を躊躇したとの理由で、官民の別なく世論から非難された、いわゆる「内村鑑三不敬事件」が起こった春、ピアソンは明治学院をあとにした(8) 。1890(明治23)年5月、千葉県立中学校から月俸60円で招きを受け、英語教師となり、そのかたわら千葉、佐倉の田舎伝道に尽くした(9) 。千葉での2年間の伝道活動の後、彼は更に北に向かい、岩手県の盛岡に移った。それは、数年前よりそこで伝道していた三浦徹牧師に協力するためであった。そして同時にピアソンはそこから北海道に足を伸ばし調査した結果、北海道こそ自分の全生涯を捧げるに値する伝道地と考え、決意したらしい。初めは室蘭や函館にごくわずかの期間滞在し、やがて小樽、札幌に居を構えるようになり、そこを拠点に全道をくまなく船や馬の背で、また徒歩で、クリスチャンがいるところで彼の訪ねなかったところはないほどであった。
  1895(明治28)年6月12日、東京において、米国聖公会婦人宣教師アイダ・ゲェップ(Ida Goepp)(10) と結婚した。
  ピアソン夫妻はその後、小樽に住んで教会を助け、小樽最初の女学校、静修女学校を援助し、全道のクリスチャン家庭を訪ね、「私に娘をあずけてください」と言って学生募集に奔走した。創設者ロースの突然の死去のため短期の女学校であったが優れた人材を生み出した。札幌に出てからは、形成途上にある若い教会を助け、夫人はスミス女学校(現北星女子中、高校)で英語と聖書を教えた。小樽で酒飲みの路上生活者を助けたり、豊平川沿いに点 在していたスラムの小屋が台風で倒壊し、背と鼻の高い天狗のような異人が泥だらけになって、浮浪者と一緒に小屋を修理したことが町のうわさになったのも札幌在住のことである。また夫人は、札幌農学校の生徒にドイツ語を教えたが、その中には有島武郎もいた。

 

旭川~廃娼運動・聖書事業・監獄伝道・アイヌ伝道 
  小樽、札幌で7~8年働いた彼らは、自分たちの伝道活動の領域を更に広く遠く伸ばすため、将来性のある旭川にその拠点を移すことにした。それはこの地方の人々が、まだキリストの福音にほとんど耳を傾けたことがなかったからである。旭川でのピアソンの活動は町と教会を中心に、その周辺へと広がる農村の開拓者へと及び、伝道のためには教派を超えて協力し、旭川キリスト教連合会を組織した。最も注目すべきことは、旭川教会牧師坂本直寛らと市内の諸教会と一致して、旭川中島遊郭撤去運動並びに廃娼運動を推進したことである。その働きをおもにリードしたのはアイダ夫人であった。
  ピアソンはそのほか、旭川中学で英語を教え、第七師団のクラブで説教をしたり、夫人は将校にドイツ語を教えた。なかでも「略註旧新約聖書」の編纂事業では膨大で長時間を要し、盛岡以来の先輩牧師三浦徹の助けを借りたとは言え、彼のような忍耐深い、愛に満ちた献身的な宣教師にして初めてできたことで、後にも先にもこの種の仕事は類例を見ない。難しい聖書に愛する日本人が親しんでもらいたいとの祈りと情熱の結晶した仕事と言わねばならない。この業績はやがて母校プリンストン大学から高い評価を受け、神学博士の称号を授けられるに至った(11) 。
  また、旭川第七師団での将校と軍人伝道、および十勝監獄伝道は、坂本直寛牧師の協力を得て活発に進められ、とりわけ十勝監獄伝道は全国的に有名になった(12) 。
  更に、貧しい人、差別され虐げられた人々の友となり、とりわけ近文のアイヌ部落で、アイヌ使徒と言われた英国人伝道者ジョン・バチェラー宣教師と協力して教会を建て、アイヌを援助した。酋長の娘で夫に先立たれた アイヌの夫人をメイドとして引き取り、アイヌの孤児をわが子のごとく育て、帰国するまで生活を共にし、教育もした。ピアソン夫妻のアイヌの関わりを 批判する人がいるが、真意を知らない誤解である。
   
⑤地の果て~野付牛(北見へ)
  旭川での多事多難な12年の伝道活動が終わる頃、彼の伝道の幻は更に奥地へと向った。アイヌ語で野の端、地の果ての意味を持つと言われる野付牛に移住してきたのは1914(大正3)年である。ここには屯田兵や四国土佐の開拓民が入植した北光社のキリスト教団体がおり、開拓入植後ピアソンはしばしばここを訪問し開拓者たちを慰め励ましていた。彼がこの野付牛原野に足を踏み入れた時は既に52歳、天命を知る初老に達していた。
  ある初秋の夕暮れ、北見の高台に柏の大木、楡が大枝を張り広げ、桔梗、刈萱、萩が咲き乱れ、狐や野うさぎの出没する小高い丘を散歩していると、遠く広がる開拓地の向こうに連なる山並みは美しい夕焼けに燃えている。その中を飛んでゆく鳥の群れ。どこからともなく香ってくる薄荷の芳香。そこで、ああこここそ自分たちの住むべき最後の根城であるというインスピレーションを受けたと言う。ピアソンはその丘に素朴な、かつての生家もしくは夫人好みの山小屋風の二階建て住宅を建てた(13) 。

そのような野付牛(北見)での宣教でも、旭川と同様に遊郭設置反対運動を指導し、設置運動を未然に阻止することに成功した(14) 。ピアソン没後、太平洋戦争を挟んで、29年後、彼の故郷アメリカのニュージャージー州エ リザベス市と北見市は、北見におけるピアソンの存在と働きを記念して1969(昭和44)年、姉妹都市の縁組を結び今日に至っている。
 

3.今日の教会が学ぶべきこと
  以上、ピアソンの歩みを見てきたが、アメリカ人宣教師としては珍しいと言って良いほど地味で控えめな性格の持ち主であったと思う。アイダ夫人との夫婦喧嘩においても見事に家から出て行く側になっている(15) 。しかし、彼の日本における、特に北海道における宣教の働きは実にアグレッシブであり、最終的に地の果て(野付牛)までやって来た。
  外国人宣教師を嫌悪していた内村鑑三は、友人である田村直臣(16) に「田村君、宣教師でもあんな宣教師がいるよ」と言って自分に親切にしてくれた野付牛のピアソン夫妻に感服していたという。その評価は決してお世辞ではなく、ピアソンのキリスト者としての生き方から溢れてくる証しである。
  その歩みから今日の私たちが学ぶべきことを大きく三つ挙げたい。

 

①ぶれない献身
  ピアソンの生まれ育った土壌や教育環境、家庭環境が大きく影響していたのか、また1冊の日本語聖書が影響を与えたのか、それとも全ての事柄がピアソンを日本の宣教へと押し出したのか。明治学院での働きから徐々に田舎へ。徐々に北へ宣教地を移していった。その中で、ピアソンとは真逆な性格のアイダと出会い結婚。そこから彼の宣教のスピードも強さも高まったように思える。特に、みことばによる福音宣教だけでなく、廃娼運動などの社会運にも尽力したことは、語るだけでなく行いにおいても福音に生きたと言える。行動が伴う敬虔な一貫した信仰の姿勢は、今の私たちにとっても大切な生き方である。

 

②社会運動への取り組み
   前述したように遊郭廃止運動や廃娼運動に尽力し、社会における悪に対してからだを張って反対し、少女たちを救ったことは、現代における福音主義教会にとっても大きなチャレンジを受ける姿勢である。現在、震災支援等を通して取り組んでいるところではあるが、キリスト者として、またキリスト教会として、主から知恵を与えられつつ更に継続した福音的な社会活動への参加が求められていると思われる。

 

③教派を超えた宣教協力
  当時は公会主義もあり、教派に捉われない宣教が大きく用いられたと言える。特に十勝における監獄伝道では、十勝監獄の大典獄だった黒木鯤太郎自身はピアソンや坂本直寛と同じ日本基督教会(長老派)だったが日本聖公会とも繋がりがあった。十勝自体が聖公会の宣教が最初であった。更に、旭川では坂本直寛と組合派の六条教会とも交流があり、その背景の中、監獄伝道が行われた。そして、受刑者だけではなく刑務官の中にも回心者が起こされ、大リバイバルとなった。今日の北海道宣教においても、教派を超えた宣教協力は地方宣教の要となっている。

  今後も私たちは、以上のような歴史的事実を踏まえつつ、同じ神を信じ福音を宣べ伝えるキリストの群れとして、既に来、いまだ途上にあり、やがて来るべき神の国の建設のために協力し、取り組むべき意義があると言えるのではないだろうか。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脚注

(1) ピアソン夫妻の住んでいた住居は、その後さまざまな経過を辿り、北見市の指定文化財となり、ピアソン記念館として保存されてきた。
(2)ピングリー中学校の教育:校長のピングリーは牧師のかたわら、すでにいくつかの男子中学で教鞭をとっていた。この校長の信仰・人格・見識がピングリー中学校の基本的性格を形成し、重厚な校風となり、彼の名声と影響は東部諸州に及んだ。この学校の目標は「主を恐れることは、知恵の初めなり」(箴言1章7節)だけであった。彼の生徒に対する同情と親身に溢れ公平で自制を失わない扱いと深い信仰的感情、聖書に対する尊敬と神への畏敬の念が、ピアソン少年にも多大な影響を与えた。
(3)この聖書は、ドイツ人宣教師ギュツラフが中国のマカオで漂流中救助された日本人の三人の船乗りから教えられた、まことに奇妙な日本語によって翻訳された。今日知られている限り世界中でたった16冊現存すると言われる極めて貴重な聖書である。ところが、ピアソンはこのうちの1冊を父より貰い受け、生涯大切に保管し、現在それは明治学院大学図書館に秘蔵されている。
(4)プリンストン大学ではアメリカ第28代大統領となったウィルソンと机を並べて学んだと言われる。
(5)その船には、ピアソンがやがて北海道で協力することとなった坂本直寛に高知教会誕生の際、洗礼を授けた宣教師であるG.W.ノックス夫妻と子どもも同船していた。
(6)青年ピアソンは、日本に到着するや否や、十日目に早くも腸チフスを患い、高熱のため生死の境を一ヶ月近くもさまよう大病にかかり、九死に一生を得たが、この生死をめぐる体験こそピアソンに日本宣教を真剣に考えさせる一大機縁となった。
(7)当時、明治学院には島崎藤村が在学中であった。
(8)彼は晩年の回想で「1888年、日本の国家主義者が台頭し、私はもう明治学院ではお払い箱となった」と語っている。
(9)ピアソンは若かりし頃の千葉伝道をかえりみて、千葉教会への手紙の中で「私は初めて千葉で田舎伝道にかかって、その二年間の経験を忘れられない。その憶えは私の心の中の、何時までも残るべき宝物となっております。千葉は私の日本における神学校となり、故郷となっております。」と、千葉教会50周年(1925年)を記念して野付牛から送っている。
(10)アイダは、フィラデルフィア出身のドイツ系アメリカ人でピアソンより一つ年下。7歳にして母親を亡くし、叔母のいるドイツのシュトゥットガルトで高校に入り、ニューヨークに戻りハンターカレッジ教員養成学校を卒業するが、人生問題に煩悶した末、その疑問は海外宣教活動に向うことで氷解した。初めはアフリカに伝道するはずだったが米国聖公会伝道局は彼女を日本に派遣することとなり、最初の5年間、立教女学院の前身東京セント・マーガレット女学校で、次いで番町女学校で教師として勤務した。その後、福島で伝道した。伝統的に教育と伝道に熱心なモラヴィア教徒の家に生まれ、幼少女時代はニューヨークの聖公会メソジスト教会の日曜学校で育ち、結婚後は夫と共に長老教会の中で働いた。この4つの教派的要素が彼女の堅固な人格形成の基礎となった。彼女は、何事も徹底的に研究しなければ納得しない学者的な側面と合わせて、鳥や花をこよなく愛し、教えることを喜び、献身的に日本人を愛して畏敬はされたが、当時の日本人からは、必ずしも好感は持たれなかったという。
(11)しかし、ピアソンは博士と呼ばれるのを嫌って、教会の玄関で「ピアソン博士です」と紹介されることがあれば、お客さんに草履を揃えながら「私は草履博士です」と言って笑わせたという。
(12)十勝監獄リバイバルについて語った坂本直寛牧師の言葉がある。「日曜日、私は監獄の塀の中にある大きな白い建物の集会所に集まった700 人を超える受刑者たちに説教しました。非常に多くの囚人たちがみことばに触れ、罪の意識に苦しんでいました。・・・集会は、臼井氏の祈りによって始まり、すべての参会者はその祈りに圧倒され、深い感銘を受けました。そこにいた者は全員聖霊に動かされ・・・恵みに対する祈りの大声があがり、悔い改めの泣き声と・・・(私が)説教をするために講壇に立ったとき、再び聖霊に満たされ、話している間激しい落涙のため語ることができず・・・この集会の結果、420人の囚人が悔い改め、神の恵みを受けてクリスチャンになる決心をしたのです。」
(13)当時の開拓民は御殿のようだとして西洋館と呼んだ。彼はこの丘をこよなく愛し、三柏の森と名づけ、夏は小鳥がよく飛来し囀り、きれいな芝生に花壇が映え道行く人の目を休ませた。この宣教師宅に沿って一筋の小さなポプラ並木があり、北見の人たちは古くからピアソン通りと呼び鳴らし、戦時下、英語を敵性語として排斥した時もピアソン通りの呼び名は変わらなかった。
(14)その成功の裏には、ピアソン夫妻の大きな犠牲があったことを知らなければならない。何十人もの農家の若い娘たちが売られて、いかがわしい商売を強いられていることを聞くと、その娘たちを買い取って親元に帰す。すると親と業者がグルになって娘をまた売買してピアソンから金を巻き上げるという悪質な被害にあったり、自宅に娘たちをかくまって、仕事を教え、結婚の世話までしたり、ときにはそのような慈善活動に不服な郎党から殴打されたり、アイダ夫人も打たれて、その痛みは後々まで残っていたほどであったという。
(15)ピアソン夫妻の夫婦喧嘩:伝道のため、また人を助け愛することなら絶えず一致協力する夫妻も、時に衝突することも夫婦喧嘩に及ぶこともあった。ある夜、アイダ夫人のヒステリックな怒声のためピアソンは家出を覚悟し、当てもなく歩いていると橋の上にいることに気づき、ふと、らんかんの下を見れば、月に照らされている自分の影があまりにも黒く鮮やかに水面に映っている。「ああ、これは私の心が暗いからだ」と言って再び家に戻り、仲直りしたという。この夫妻もまた一人ではなく、二人で共に立つ神の使者であった。「天才は一人で立ち、使徒は二人で立つ」と言われるように。
(16)当時のキリスト教界においてその特異な存在のゆえに、むしろ異端者と思われていたキリスト教界「三村」の一人。
 

【参考文献】
1.ピアソン会編集部「ピアソン夫妻をめぐる証言集 三柏のもり改訂版」ピアソン会, 2012年
2.池田晶信「北海道開拓の宣教師ピアソン夫妻」ピアソン会, 2000年
3.北原俊之訳「日本 北海道 明治四十一年」ピアソン会, 2009年
4.中川了之, 吉田邦子訳「ピアソン夫妻書簡・レポート」ピアソン会, 2014年
5.ピアソン, I, G「改訂版 六月の北見路」ピアソン会, 2002年
6.ピアソン夫妻, 小池創造・小池榮訳「改訂版使徒はふたりで立つ」日本キリスト教会北見教会ピアソン文庫, 2011年
7.田村直臣「我が見たる植村正久と内村鑑三」向山堂書房, 1932年

 

                                                    (文責:川﨑憲久)