日本メノナイト 白石キリスト教会

おもに聖書からのメッセージをお届けします。

梅干しの日

f:id:kinokunizaka66:20220730081216j:image

本日7月30日は、和歌山県日高郡みなべ町の某農園が2004年に制定した記念日「梅干しの日」だそうです。

古来より長い歴史の中で「梅干しを食べると難が去る」と言い伝えられてきました。このことから、7(なん)が30(さる)の語呂合わせで、7月30日を梅干しの日に決めたそうです。

「一日一粒で医者いらず」と、昔から言い伝えられる日本の伝統的な健康食品の梅干しは、熱中症予防の効果も高いということです。

ミネラルや疲労回復効果のあるクエン酸が含まれる梅干しは、水と塩分を摂るよりも熱中症予防に効果的。

水と梅干しと覚えておきましょう。

クエン酸疲労の原因「乳酸」をからだの外に排出する役割があり、疲労回復につながります。

夏の熱中症予防や疲労回復は、梅干しを上手に使って健康維持に努めましょう。