日本メノナイト 白石キリスト教会

おもに聖書からのメッセージをお届けします。

イスラエルの喜び

"これらすべての、戦いに備えて集まった戦士たちは、ダビデを全イスラエルの王にしようと、全き心でヘブロンに来た。イスラエルの残りの者たちも、ダビデを王にすることで心が一つになっていた。
彼らはダビデとともに三日間そこにとどまり、食べたり飲んだりした。彼らの兄弟たちが彼らのために用意したのである。
彼らに近い者たちも、イッサカル、ゼブルン、ナフタリに至るまで、ろば、らくだ、らば、牛に載せて食べ物を運んで来た。小麦粉の菓子、干しいちじく、干しぶどう、ぶどう酒、油、牛、羊などが数多くあった。イスラエルに喜びがあったからである。"
歴代誌 第一 12章38~40節
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

 

 サウルとの戦いのためダビデについた者たちは、ダビデのユダ族だけでなく、イスラエルの全部族から集結しました。

 そこにはサウルのベニヤミン族からも集まり、また祭司の家系であるレビ族からもアロンの家の者たち、後にダビデ王家をささえる祭司となった若きツァドクもいました。

 このように全イスラエルから多くの人々がダビデの下に集まって来ましたが、彼らは一つとなっていたと聖書は記録しています。それは、「ダビデを王とすること」と言う一つの目的によってでした。しかも、彼らには喜びがあったとも伝えています。

 一つの目的のために群れがまとまる。しかもそこに喜びがある姿は、現代でいうところの主の教会にも適用できるのではないでしょうか。

 私たち主を信じて従う者たちも、非常に多くの人々で構成されています。そこには一歩間違うと混乱が起こりかねない者たちかも知れません。

 しかし、そう言う者たちであっても目的を一つにするときに、その群れは一つになることができるのです。それは、イスラエルの民たちがダビデを王とすることによってであったように、主イエスを王として崇め、このお方こそキリストであると告白し従う時に、私たちも主の教会として一つとされるのです。

 そのとき私たちの中にあるのは大きな喜びです。主の民にとっての喜びは主こそ私の王としてお迎えする時、信じて従う時なのです。

 今日もこのダビデを王として集まった全イスラエルのように、私たちもイエスこそ我が王、我がキリストであるとあらためてお迎えし、このお方に従って参ろうではありませんか。

 そこに大きな喜びがあるからです。

 

詩篇93篇
1,主こそ王です。威光をまとっておられます。主はまとっておられます。力を帯とされます。まことに世界は堅く据えられ揺るぎません。
2,あなたの御座はいにしえから堅く立ちあなたはとこしえからおられます。
3,主よ川はとどろかせています。轟音を川はとどろかせています。激しい響きを川はとどろかせています。
4,大水のとどろきにまさり力強い海の波にもまさって主は力に満ちておられます。いと高き所で。
5,あなたの証しはまことに確かです。聖なることがあなたの家にはふさわしいのです。主よいつまでも。

 

マタイの福音書 2章9~11節

"9 博士たちは、王の言ったことを聞いて出て行った。すると見よ。かつて昇るのを見たあの星が、彼らの先に立って進み、ついに幼子のいるところまで来て、その上にとどまった。
10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。
11 それから家に入り、母マリアとともにいる幼子を見、ひれ伏して礼拝した。そして宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。"

聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

 

ダビデの下に集まる勇士たち

"ダビデがまだキシュの子サウルから身を避けていたとき、ツィクラグの彼のもとに来た人たちは次のとおりである。彼らは、勇士たちの中で戦いの加勢をした人たちであり、
弓を取る者で、右手でも左手でも石を投げたり弓を射たりでき、サウルの同族ベニヤミンの出であった。
かしらはアヒエゼル、次はヨアシュ。彼らはギブア人シェマアの子。エジエルとペレテ。彼らはアズマウェテの子。ベラカとアナトテ人エフー。
ギブオン人イシュマヤ、彼は三十人の中の勇士で、三十人の長であった。次に、エレミヤ、ヤハジエル、ヨハナン、ゲデラ人エホザバデ、
エルウザイ、エリモテ、ベアルヤ、シェマルヤ、ハリフ人シェファテヤ、
エルカナ、イシヤ、アザルエル、ヨエゼル、ヤショブアム。これらはコラ人である。
ヨエラとゼバデヤ。これらはゲドル出身のエロハムの子である。
また、ガド人から離れて、荒野の要害にいたダビデのもとに来た人たちは、勇士で戦いにたけた人たちであり、大盾と槍の備えがあった。彼らの顔は獅子の顔で、速く走ることは山のかもしかのようであった。
そのかしらはエゼル。第二はオバデヤ。第三はエリアブ。
第四はミシュマナ。第五はエレミヤ。
第六はアタイ。第七はエリエル。
第八はヨハナン。第九はエルザバデ。
第十はエレミヤ。第十一はマクバナイ。
これらはガド族から出た軍のかしらたちで、その最も小さい者も、一人が百人に匹敵し、最も大いなる者は千人に匹敵した。
この人たちは、第一の月、すなわちヨルダン川がどこの岸もいっぱいにあふれるとき、これを渡った者たちである。彼らは、谷にいた人々をすべて東に西に追い散らした。
ベニヤミンとユダの子孫からも、要害のダビデのもとに来た人たちがいた。
ダビデは彼らの前に出て行き、彼らに答えて言った。「もし、あなたがたがやって来たのが平和のためであり、私を助けようとするのなら、私の心はあなたがたと一つだ。しかし、もし、私の手に暴虐がないのに、私をだまして、私の敵に渡すためなら、私たちの父祖の神がそれを見て、責められますように。」
そのとき、御霊が補佐官の長アマサイをおおった。「ダビデよ、私たちはあなたの味方。エッサイの子よ、私たちはあなたとともにいる。平安があるように。あなたに平安があるように。あなたを助ける者に平安があるように。まことにあなたの神はあなたを助ける。」ダビデは彼らを受け入れ、部隊のかしらとした。"
歴代誌 第一 12章1~18節
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

 

 ダビデがまだ荒野の要害にいた頃のこと。そのときイスラエルの王サウルではなく、追われて逃げ続けているダビデのところに集まる人々がありました。まさに、ここに記されている人たちです。

 これもまた勇士たちの名簿となります。しかも最後にダビデは彼らとの約束を交わして受け入れますが、補佐官の長アマサイがダビデに約束の言葉を伝えます。それが御霊に満たされて語るのです。

 その言葉は彼らはダビデの味方であり、ともにいる仲間であることを明らかにするものでした。そして、ダビデに平安があるように、またダビデを助ける者たちにも平安があるようにと祈る。何よりも神が味方であることを宣言するのです。

 こうして、荒野で孤軍奮闘していたダビデに多くの勇士たちが与えられ、ダビデはサウル後のイスラエル王国を治めていくために必要な仲間を得ることができたのです。

 どうして、彼らがサウルの敵とされているダビデのもとへ集まって来たのでしょうか。様々な見方があると思いますが、一つ言えることは、ダビデもこの勇士たちも、神を信じていたということではないでしょうか。特にダビデ自身は少年の時から御霊に導かれてサムエルを通して油注がれイスラエルの次の王になることが定まっていました。その後もサウルとあえて戦わずにへりくだって逃げ回って来たのは、まさにダビデに注がれた御霊のゆえではないでしょうか。

 そこに補佐官アマサイが代表して御霊に満たされて、ダビデへの約束と祝福のことばを語ったのです。

 ここに御霊の交わりがあったのです。神を信じる者たちの交わりは御霊の交わりです。そこには真の平和、真の平安があります。その御霊なる神による豊かな関係はどんな人間的な関わり方にも優ります。なぜならば、それが神が味方である神の民、神の家族の姿だからです。

 もはや、神を信じる者たちの関係は、神の家族なのです。そこには神の平安があり、真の平和はそこから始まるのです。

 ダビデも彼らが合流したことにより、このあとイスラエル王国を確立し、そらに次の王であるソロモンへと受け継がれ、名実ともに平和な国へと成長していくのです。ソロモンという名前も「平和、平安」という意味です。

 ここで、アマサイが言った言葉の通りに神の真の平和が、この勇士たちとダビデによって進められるのです。

 私たちもともに御霊の交わりのできる神の家族、教会へ招かれています。ぜひ、ともに集結して、主を礼拝し、主の戦いに備えて参りましょう。

 

ユダの勇士たち

"勇士たちは次のとおりである。ヨアブの兄弟アサエル。ベツレヘム出身のドドの子エルハナン。
ハロリ人シャモテ。ペロニ人ヘレツ。
テコア人イケシュの子イラ。アナトテ人アビエゼル。
フシャ人シベカイ。アホアハ人イライ。
ネトファ人マフライ。ネトファ人バアナの子ヘレデ。
ギブア出身のベニヤミン族リバイの子イタイ。ピルアトン人ベナヤ。
ガアシュの谷の出であるフライ。アルバト人アビエル。
バハルム人アズマウェテ。シャアルビム人エルヤフバ。
ギゾ人ハシェムの息子たち。ハラル人シャゲの子ヨナタン
ハラル人サカルの子アヒアム。ウルの子エリファル。
メケラテ人ヘフェル。ペロン人アヒヤ。
カルメル人ヘツロ。エズバイの子ナアライ。
ナタンの兄弟ヨエル。ハグリの子ミブハル。
アンモン人ツェレク。ツェルヤの子ヨアブの道具持ち、ベエロテ人ナフライ。
エテル人イラ。エテル人ガレブ。
ヒッタイト人ウリヤ。アフライの子ザバデ。
ルベン人シザの子アディナ。彼はルベン人のかしらで、三十人を率いていた。
マアカの子ハナン。ミテニ人ヨシャファテ。
アシュタロテ人ウジヤ。アロエル人ホタムの子シャマとエイエル。
ティツ人シムリの子エディアエルとその兄弟ヨハ。
マハウィム人エリエル。エルナアムの子エリバイとヨシャウヤ。モアブ人イテマ。
エリエル、オベデ、メツォバヤ人ヤアシエル。"
歴代誌 第一 11章26~47節
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

 

 歴代誌はユダ王国について記録するユダ族の人々を鼓舞するように書かれた書です。

 サウルからダビデに王位が移り、ダビデ王朝が確立する、その背景にはダビデ軍があり、そこに多くの勇士たちがいました。

 軍団長のヨアブとその兄弟は有名ですが、あとの人たちは、そんなに知られていません。むしろ誰も知らないと言えます。しかし、聖書は神の国のためにいのちを捨てて戦った一人ひとりを忘れないで書き記すのです。

 その中でも、やはりこの人の名前を忘れてはならないでしょう。

 

"ヒッタイト人ウリヤ。アフライの子ザバデ。"
歴代誌 第一 11章41節


 ヒッタイト人ウリヤ。彼の妻の名はバテシェバです。このあとダビデ王はウリヤがダビデのために、またイスラエルのために戦っている留守どきに、ウリヤの妻を王宮へ呼び、彼女と性的な関係を持ってしまいます。

 そのあとのことは、みなさんもご存知の通りです。ダビデは部下の妻と関係を持ち、その勇士であった部下ウリヤを最前線に遣わして殺すのです。

 理不尽な死に方をしたウリヤ。ダビデが自分の姦淫の罪を隠すために、一度戦地からウリヤを戻しますが、ウリヤは他の兵士たちが命懸けで戦っているときに自分だけが家に帰って妻との時間を持つわけにはいかないと言って家に帰ろうとしなかったほどに、ダビデに対して忠実な部下でした。

 しかし、ダビデはそんな忠誠を尽くしているウリヤを殺し、バテシェバを自分のものとして、姦淫の罪を隠すのです。

 このように、勇士たちの名簿から今日学んだことは、そのような勇士の名を私たちは知らなかったり、忘れていたり、見落とすことがあるものですが、神は彼らを勇士と呼び、決して忘れないで、聖書に記録しているということです。

 私たちも神を愛し、神の国の建設のために召されている者たちです。そのためにきょうも忠実でありたいと思います。何か特別な能力もなく、力も知恵もない者かも知れませんが、主はあなたのことをよくご存知であり、あなたのことを勇士だと言ってくださるのです。

 今日も主の民の中で、あなたを勇士として召してくださるお方に心から感謝して、神のためにこの身を献げてまいりましょう。

サウルの死

"このように、サウルは主の信頼を裏切った不信の罪のゆえに死んだ。彼は主のことばを守らず、霊媒に伺いを立てることまでして、
主に尋ねることをしなかった。そのため、主は彼を殺し、王位をエッサイの子ダビデに回された。"
歴代誌 第一 10章13~14節
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

 

 イスラエル王国最初の王であるサウルは、敵ペリシテ軍によって討ち取られた。正確に言うと打たれる前に自分で死を選んだのである。

 サウルが王に選ばれた時は、ハンサムであったことや、背が高かったことなど、王としての見栄えは良かったと言える。しかし、彼は非常に謙遜な人で、決して不信仰な人でもなかった。

 しかし、王に選ばれてから、それまでは謙遜に見えていたサウルが、その本質を見抜かれていく。それは、神のことばに忠実かどうかである。

 ところが、彼は預言者サムエルの期待を裏切る。王の分を超えて、犠牲の生贄をささげる事件が起こる。サウルの言い分は、サムエルが来るのが遅かったことや、敵が迫っているなど時間がないと思われる中で、サウルはサムエルの言ったことを待ち切れずに自分でいけにえをささげてしまったのである。

 これは明らかに越権行為であり、自分の分を弁えていないという表れだった。それは同時に神を軽んじたと言うことでもある。

 このようにサウルは神の前に罪を犯したのである。しかも、その罪を犯した場面で、民たちの前に、自分の面目を立てるようにサムエルに願ったのである。

 今日のこのサウルの最期は、その罪の結果であると言うことである。

 私たちも、やはり、あらためて、どんなときにも神のことばに尋ね求めて、従順に従い、行う者でありたい。サウルの最期はその歩み方を象徴していた。

 私たちも、普段どのように生きているかが問われる。誰でも必ず死を迎える時が来る。しかし、どう生きてきたかで、その死の意味も変わってくるのではないだろうか。

 そうであるなら、なおさら主のみことばに忠実にありたい。主のみことばに対して謙る者でありたい。最期まで主を愛する者でありたい。

 

ステパノの殉教

"うなじを固くする、心と耳に割礼を受けていない人たち。あなたがたは、いつも聖霊に逆らっています。あなたがたの先祖たちが逆らったように、あなたがたもそうしているのです。
あなたがたの先祖たちが迫害しなかった預言者が、だれかいたでしょうか。彼らは、正しい方が来られることを前もって告げた人たちを殺しましたが、今はあなたがたが、この正しい方を裏切る者、殺す者となりました。
あなたがたは御使いたちを通して律法を受けたのに、それを守らなかったのです。」
人々はこれを聞いて、はらわたが煮え返る思いで、ステパノに向かって歯ぎしりしていた。
しかし、聖霊に満たされ、じっと天を見つめていたステパノは、神の栄光と神の右に立っておられるイエスを見て、
「見なさい。天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見えます」と言った。
人々は大声で叫びながら、耳をおおい、一斉にステパノに向かって殺到した。
そして彼を町の外に追い出して、石を投げつけた。証人たちは、自分たちの上着をサウロという青年の足もとに置いた。
こうして彼らがステパノに石を投げつけていると、ステパノは主を呼んで言った。「主イエスよ、私の霊をお受けください。」
そして、ひざまずいて大声で叫んだ。「主よ、この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、彼は眠りについた。"
使徒の働き 7章51~60節
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

 

 キリスト教会が始まったと言われるのが聖霊が降臨したペンテコステの日だと言われています。

 それは、イエス・キリストが復活された日曜日から50日後にあたります。そこに教会が誕生してイエスの弟子たちによる宣教が始まったのです。

 その弟子集団はそれまで師であり、主であるイエスが一緒だった生活から、今度は目には見えないけれども聖霊なる神が内住し、ともにあり、日々その助けの中で生かされるという新しいスタイルに変わったのです。

 聖書の「使徒の働き」は、まさにその様子をリアルに伝えています。そのリアルな宣教は、実はこのステパノの殉教から始まったといえます。

 キリスト教会にとって最初の迫害は、ローマ帝国ではなく、ユダヤ教徒からのものです。そもそも、この当時、クリスチャンたちもまだユダヤ教徒の一派のように、ユダヤ教の習慣を守りながら過ごしていました。

 それが最初のキリスト教会であるエルサレム教会の姿です。エルサレム教会は最初のペテロの説教で3000人もの人が救われて弟子に加えられました。ステパノもその中にいたのかも知れません。

 そのうち教会内で問題が起きてきます。食事の配給のことでした。そこで、使徒たちがもっぱら祈りとみことばに専念できるように7名の執事を選び、その中の一人にステパノがいたのです。

 ステパノは、教会内でお世話をする働きだけでなく、外においてもクリスチャンとして活動しました。彼は聖書をよく知っていた人で、誰も彼との信仰的な議論に勝てる人はいなかったことが6章の後半に記されています。何よりも聖霊に満たされていたので、誰も太刀打ちできなかったのです。

 そこで妬まれ、神を冒涜したなどと言いがかりをつけられてユダヤ議会で裁判となるのです。そこでもステパノは聖書を順にイスラエルの歴史として語りつつ、ユダヤ人たちが神から遣わされてきた諸々の預言者たちを殺し、最後に遣わされた罪なきイエスをも殺したことを論証したのです。

 その論述の最後がこの場面です。最後までステパノは聖霊に満たされていたので、彼らからの言いがかり、脅しを恐れることなく、聖霊が話させてくださる通りに語ったと言えます。

 聖書には神に誠実に従ったことで死ぬ人が多々出てきます。神に従うことでリンチにあい殺されもする。

 誰だって痛い目に遭いたくないです。リンチに会うのは嫌です。そんなふうに死ぬのは避けたいです。しかし、キリストを信じて得た永遠のいのちを持つクリスチャンたちは、肉体の死を怖がっていては宣教ができません。

 現在、色々なことで死を覚悟しなければならない場面があると思いますが、私たちも日々聖書に親しみ、みことばを身につけて聖霊に満たされた歩みがしたいものです。

 ステパノはまさに主イエスの十字架を再現するようにして、天に召されました。イエスを信じた者はその最期もイエスのように生きるのです。

 聖霊が共にある生活。それこそイエスが共にある生活です。今もなおイエス様は生きて私たちとともにいるのです。それは、あの大宣教命令で約束されたように、聖霊がイエスの霊として内住している。これこそ、クリスチャンにとって何よりの喜び、祝福です。

 

 神があなたの中におられて、あなたが行くにも帰るにも支え、守り、天の御国までも一貫してあなたのことを神の子どもとして愛していて下さるからです。だから、私たちも恐れることはありません。ステパノのように、この地上で御使いのようだと言われるくらい、神の恵みに溢れて今日も歩ませていただきましょう。

 

詩篇 121篇
1,私は山に向かって目を上げる。私の助けはどこから来るのか。
2,私の助けは主から来る。天地を造られたお方から。
3,主はあなたの足をよろけさせずあなたを守る方はまどろむこともない。
4,見よイスラエルを守る方はまどろむこともなく眠ることもない。
5,主はあなたを守る方。主はあなたの右手をおおう陰。
6,昼も日があなたを打つことはなく夜も月があなたを打つことはない。
7,主はすべてのわざわいからあなたを守りあなたのたましいを守られる。
8,主はあなたを行くにも帰るにも今よりとこしえまでも守られる。

 

主よ。朝明けに。

詩篇 5篇
指揮者のために。フルートに合わせて。ダビデの賛歌。


1,私のことばに耳を傾けてください。主よ。私のうめきを聞き取ってください。

2,私の叫ぶ声を耳に留めてください。私の王私の神私はあなたに祈っています。

3,主よ朝明けに私の声を聞いてください。朝明けに私はあなたの御前に備えをし仰ぎ望みます。

 

4,あなたは悪を喜ぶ神ではなくわざわいはあなたとともに住まないからです。

5,誇り高ぶる者たちは御目の前に立つことはできません。あなたは不法を行う者をすべて憎まれます。

6,あなたは偽りを言う者どもを滅ぼされます。主は人の血を流す者や欺く者を忌み嫌われます。

 

7,しかし私はあなたの豊かな恵みによってあなたの家に行きあなたを恐れつつあなたの聖なる宮に向かってひれ伏します。

8,主よ私を待ち伏せている者がいますからあなたの義によって私を導いてください。私の前にあなたの道をまっすぐにしてください。

9,彼らの口には真実がなく心にあるのは破壊です。彼らの喉は開いた墓。彼らはその舌でへつらうのです。

10,神よ彼らに責めを負わせてください。彼らが自分のはかりごとで倒れますように。その多くの背きのゆえに彼らを追い散らしてください。あなたに逆らっているからです。

 

11,どうかあなたに身を避ける者がみな喜びとこしえまでも喜び歌いますように。あなたが彼らをかばってくださり御名を愛する者たちがあなたを誇りますように。

12,主よまことにあなたは正しい者を祝福し大盾のようにいつくしみでおおってくださいます。

 

 神に祈りを聞いていただける恵み。神に私の叫びを知っていただける特権。神は私たち、神に信頼する者をご自分の御子のゆえに神の子どもとしてくださる。

 天の父として、私たちはこのお方に甘えて、このお方の愛に満ちた威厳の中に安らぐ。

 敵は日々、私たちを囲み、この心を恐れさせ、疲れさせる。しかし、どんなときにも私たちは神にその心を知っていただく。

 特に大切なのは、朝である。目覚めた時にまず神の御顔を仰ぎ、神に祈りをささげる。神に心を知ってもらう。そして、また朝に神からのみことばが与えられることを備え待つ。

 朝は一日の行動の始まりである。そのときに神との時間を大切に持つことは、何よりの力である。一日の始まりは緊張する。その日何があるのか。誰と会うのか。そして、自分は何ができるのか。

 しかし、大切なことは何が出来るかではない。どう生きるかである。その生き方は朝に決まる。この朝明けにどこを向いているか。この朝明けに何によって心を満たしているか。

 詩人は主に叫ぶ。朝明けに主に心を向ける。これこそ、神の子どもとされた者の特権だからである。

 今朝もこの詩篇5篇を通して、朝に、朝ごとに神に心を向けよう。神に叫ぼう。神はあなたのことを心配してくださるお方。あなたとひと時も離れず共に歩みたいと願っておられる。

 そして、自分のことだけでなく、正しく生きようする、他の同じ神の子どもとされた者たちへのとりなしを促す。

 それは、みんな神に信頼する者は神の家族だからである。今日も神の家族のことを取りなし、そのことも忘れずに祈ろう。

 それがこの朝に与えられた神との時間の過ごし方である。

 

"朝にあなたの恵みを聞かせてください。私はあなたに信頼していますから。行くべき道を知らせてください。私のたましいはあなたを仰いでいますから。"
詩篇 143篇8節
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会